CASE STUDY

導入事例

rag & bone

バーチャルにファッションアドバイスを実現

ファッション 百貨店

ラグジュアリー商品を扱う世界有数の高級デパート「Harvey Nichols」は、最高品質の接客を店舗で提供しています。同社は何千ものブランド選択肢があるデパートにおいて、お客様にオーダーメイドの接客を提供しつつ増加するECのお客様に対応したいと考えていました。

実績
コンバージョン伸長率 - 8.5倍
平均購入単価増加率 - 97%
お客様の平均満足度評価 - 4.9/5
店舗送客 - 3人に1人

バーチャルショッピングの導入

Harvey Nicholsの運営するブランド「Rag & Bone」はHEROのチャットやビデオ通話を導入し、スタイリストと一緒に買い物するバーチャル体験を提供しています。お客様との会話の58%は、ECのお客様が最もハードルに感じるサイズやフィット感に関連するものです。
店舗スタッフがパーソナルな接客をオンラインのお客様に提供することで、ECサイトでのコンバージョンは指数関数的に増加しました。

顧客ロイヤリティを高めるサービス

店舗スタッフは、店舗とオンライン両方の顧客をHEROアプリの顧客連絡先リストに追加できます。そこからSMSなどで商品紹介や次回の買い物へのアドバイスをお送りすることができます。店舗やECサイトを離れても、コミュニケーションを長く継続することができるのです。
お客様が店舗で購入してもECサイトで購入しても、その売り上げはサポートしたスタッフに紐づけられるので、スタッフのモチベーション維持にもつながります。

USER’S VOICE

導入された方からの声

「HERO導入前は、ECのお客様は我々のカスタマーサービス部門とやりとりしていました。 導入後は、店舗スタッフのサポートで、 ECのお客様が適切な商品を見つけて購入できるようになりました。」

AARON DETRICK
RAG & BONE デジタル副責任者

OTHER CASES

その他の事例