CASE STUDY

導入事例

Theory

オンラインストアで「プロの販売員に相談できる」体験を提供

Theory(セオリー)は1997年にNYで誕生し、シンプルでベーシックなアイテムにさりげなくトレンドを取り入れたニューヨーク発信ブランド。ブランドの強みである、「素材のクオリティ」と「シルエットの美しさ」を実店舗と同様に丁寧な接客で伝えるために、ECでもパーソナルなショッピング体験を実現することを目指した。

実績
購買率 - ECの平均CVRの20倍
客単価 - ECの平均の1.2倍
平均評価 - 4.9/5

Personal Styling Serviceをオンライン接客で「お店を訪れるワクワク感」を提供

Theory(セオリー)はシンプルでベーシックなアイテムにさりげなくトレンドを取り入れたニューヨーク発信ブランド。ブランドの強みである「素材の良さ」と「シルエットの良さ」により世界中で多くの支持を得ています。

THEORY ONLINE STOREは商品情報は詳細に掲載するものの、商品の販売にはオンラインでも接客は不可欠と考えていました。従来より電話での<Personal Styling Service>を提供していましたが、オンラインストアで商品を見るだけでは得られない「お店を訪れるワクワク感」、「プロの販売員に相談できる」体験を提供し、購買率向上を期待してHERO®を導入しました。

また、コールセンターではなく、リアル店舗のスタッフがオンライン接客を実施することにより、店舗にも親近感を感じていただいて来店喚起につなげる目的もあります。HERO®でのオンライン接客をスタートしてみると、エンドユーザーのオンライン接客へのニーズも高く、今後はさらに増強し、チャットへの需要に応えていく予定です。THEORY ONLINE STORE(https://www.theory.co.jp/)

USER’S VOICE

導入された方からの声

「HERO®はお客様と店舗スタッフが実店舗と同様なコミュニケーションを実現できるツール。運営メンバーもより満足度の高い接客が提供できるよう日々改善を実施しています」

デジタルマーケティング部

OTHER CASES

その他の事例